calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

categories

archives

2018年09月25日のつぶやき

23:56
命みじかし恋せよ乙女【2】 https://t.co/HNYVYlhcul #jugem_blog

いのち短し恋せよ乙女【2】

【9月24日(月)】

 

先日の稽古は、水曜日に引き続きキャストを入れ替えて、あらためて出はけ確認中心の稽古でした。

(去年同様、今年も一部ダブルキャストでお送りいたします!)
音楽も加わったことで、ガラリと雰囲気が変わり引き締まった2日目を終えて……、

 


そして今回、3日目となる立ち稽古です!
なんと!物語前半ではほとんどの方が台本を離しています。(す、すごい!)
というのも、台本を持ったままでは手をつかった表現が難しくなるだけでなく、つい文字を追うことに気を取られて相手役との掛け合いにテンポが生まれない、なんていうことが無きにしも非ず……!(※あくまで私の場合です)
その制限が減ったことで新たな動きが生まれ、登場人物のキャラクター性がより濃くなったようでした。
稽古場でのプロンプター(*2)を任されていながら目がくぎづけになってしまい、うっかりプロンプ(*1)を忘れる、という恥ずかしい失態をおかしてしまうほど、立ち稽古3日目にして物語にも緊張感が生まれはじめています!!

 

 

 

またご存じの方もいると思いますが、五期会の稽古場には大きな鏡があるんです!この写真には写っていませんが、鏡に映りこむ人影もまた一興!ですので皆さんもよければ気をつけてご覧ください。

 

 

 

石野でした。

 

 

 

 

(*1)芝居中の役者が台詞を忘れてしまったとき、陰から台詞を伝えること。

(*2)その役割を担うひと。


2018年09月22日のつぶやき

23:08
稽古場日誌、はじまります。 https://t.co/2fY6R06OWC #jugem_blog
23:31
いのち短し恋せよ乙女【1】 https://t.co/xbGSoSbr0z #jugem_blog

いのち短し恋せよ乙女【1】

【9月19日(水)】

 

本読み稽古を終え、ついに立ち稽古がはじまりました!

といっても今回は出はけ(*1)中心の立ち稽古です。
大まかな舞台美術をもとに、台本のト書き(*2)と登場人物の台詞をなぞって、動線など確認していきます。
読んでいるときは繋がっていた(ような)ことが、立ってみると不思議とチグハグだったり、実は突拍子もなかったり。
頭で思い描いて反復していたことが上手くいかず、ついついまごついてしまう私ですが、さすがの先輩方!すぐさま臨機応変に対応する姿に、ただ感嘆するばかりです。(私も見習わねば……!)

 

そうして出はけ、といういわば骨組みがこれからどんどん肉づいて、完成へと近づいていくのです。みなさん楽しみにしていてくださいね!

 

 

 

また今回、舞台上に約20名のキャストが揃うシーンがあるのですが、稽古場で行うにはなかなかの密度です。文章や写真では伝わりきらないこのギッシリズッシリ感。稽古場ならではの貴重な光景です!

 

 

 

石野でした。

 

 

 

 

 

(*1)舞台に「出る」、舞台から「はける」の意味。登場人物の出入り。

(*2)台詞の合間における登場人物の行動、場面状況、また演出など指定する文章。


2018年09月20日のつぶやき

09:50
【公演情報】 ??劇団五期会第71回公演 「?Why are you Romeo ?〜あざなえる戀〜」 脚本/森脇京子 演出/井之上淳 2018年11月22日(木)19:00(A) 23日(金)17:00(B) 24日(土)13… https://t.co/JT3xmWcv4g
09:53
HPやチラシで既にご覧になった方もいらっしゃるかとは思いますが、公演情報をTwitter上でも公開いたしました! 昨日から立ち稽古も始まり、本番まであと二ヶ月ほど…?楽しみですね!?

稽古場日誌、はじまります。

劇団五期会 第71回公演

Why are you Romeo? 〜あざなえる戀〜』

原作=W・シェイクスピア 作=森脇京子 演出=井之上淳

 

【日時】2018年11月22日(木)19:00

          11月23日(金)17:00

        11月24日(土)13:00/18:00

        11月25日(日)14:00

 

【会場】ABC HALL

(大阪市福島区福島1-1-30)

 

【料金】前売:3,500円/当日:4,000円/学生:2,000円

    ※日時指定(要予約)※全席自由

 

 

━━…━━…━━…━━…

 

はじめまして、石野と申します。

前々から抱いていた「稽古場日誌を書いてみたい!」というささやかな夢の実現に向け、今回お願いしてみたところ……願いかなってこの度、筆を執らせていただく運びとなりました。なにぶん初めてのことですので、乱文お許しください。

またこうして稽古場日誌が書かれるのは久しぶりの事となります。どうぞお手柔らかに見守っていただけますと幸いです。

 

 

今作は昨年上演の『山人のリア』に引き続き、ウィリアム・シェイクスピアの言わずと知れた代表作のひとつ、『ロミオとジュリエット』の舞台を、イタリアから日本へ置き換えた作品です。

遡ること昭和初期。ところは花の都ヴェローナ……ではなく、水の都オーサカ。大阪弁で繰り広げられるロミジュリワールド。もちろん原作のあんな台詞やこんな台詞もございます。

乞うご期待ください!そしてご声援のほど、よろしくお願いいたします!

 

 

石野でした。


2018年09月08日のつぶやき

00:45
本日行われました決起会です! いよいよ本格的に指導します?? 劇団員一同、皆様に楽しんでいただけるような作品になるよう、稽古に励みます! https://t.co/h8vHNvwozv

9月の出演情報

西日本では25年ぶりの規模と言われた今回の台風。

誰もが何かしらの被害に遭われたことと思います。

皆さまご無事でしょうか?

通り過ぎた現在は、皮肉にも様々なものが折れたり飛ばされたりで見晴らしも良くなり、空が明るく、爽やかな風が心地よく感じます。

そのような本日、お届けしますのは、井之上淳・堀部由加里が出演します舞台公演情報です。

 

劇団道化座企画公演

通天閣

原作/西加奈子 脚本・演出/おおやかずき

 

〔日時〕2018年9月6日(木)15:00/19:00

 

〔場所〕 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール 兵庫県西宮市高松町2-22

 

〔料金〕前売3,000円 当日3,500円

    学生前売1,500円 学生当日2,000円

    ペア券5,000円(前売のみ)

 

 

西加奈子さんによる織田作之助賞受賞作「通天閣」を原作とした作品。

大阪・新世界の街に生きる人たちが魅力的に描かれています。

1日間だけの公演となりますが観劇後は爽やかな気持ちになれる、そんな公演になるのでは、と思います。

お時間のある方はぜひ、足をお運び下さい。

 


2018年08月24日のつぶやき

21:47
27日に行われます大阪劇団フェスティバル前夜祭に向けて、何やら秘密の特訓が…?? お姉さま方からの指導を受けて、若手+牛丸さんが果たしてどんな宣伝を見せるのか…! お楽しみに?? https://t.co/eAcMH8tUbt

2018年08月06日のつぶやき

21:50
本日行われました関俳協の殺陣のセミナーに、五期会から辰巳・中原・山根・枯木・神野の5名が参加させていただいておりました? 五期会の作品ではあまり殺陣のイメージが無いかもしれませんが、この経験を今後に活かし演技の幅を広げられたら良い… https://t.co/j7TkDX7HEn

| 1/59PAGES | >>