calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

categories

archives

3月の出演情報

スプリングシアターも無事公演を終えることができ、ホッとしたところではありますが、あっという間に月は変わり3月の出演情報をお届けします

今月は2公演あり、そのどちらも、過去の五期会公演で馴染みのある方々が関わっておられます。

 

まずは牛丸裕司が出演します舞台公演情報です。

過去に五期会本公演「ブルーストッキングの女たち」の演出をしていただいた金子順子さんによる団体、コズミックシアターの公演です。

作品は、太平洋戦争末期に秋田の鉱山で起きた「花岡事件」を主題にしたもので、火葬を生業とする一家のつましい生活を描いたもの。

金子さんの美意識が光る空間でシリアスな芝居をする牛丸さんをぜひ堪能下さい!

 

コズミックシアター vol.29

釈迦内柩唄作:水上勉 演出:ジャニス・A・リン

 

[日時]2019年3月7日(木)15時 / 19時30分

            3月8日(金)15時 / 19時30分

         3月9日(土)13時 / 17時30分

             3月10日(日)11時 / 15時30分

 

[料金]一般前売 3,000円 一般当日 3,000円 学生(前売・当日共)2,500円

 

[会場]劇団未来ワークスタジオ 大阪市城東区成育1-4-25

   (京阪「野江」徒歩3分、または、地下鉄「野江内代」1番出口より徒歩15分)

 

ご予約・公演詳細はコズミックシアターFBページを参照ください。

 

 

 

次は、月末に上演する石野りく、清水康司出演の舞台公演情報です。

山本周五郎の短編「かあちゃん」「嫁取り二代記」の2作品を語りと芝居で上演します。

「かあちゃん」には、五期会企画公演「明日の幸福」に出て下さった和泉敬子さんが出演されています。

 

既に31日(日)の公演が満席となっており、29日(金)もほぼ満席です。

30日(土)はまだ空きがあるようなので、お時間のある方はぜひご予約下さい。

 

KANPAIKYO第1回セミナー公演

3D小説 山本周五郎の世界」 

演出:西園寺章雄

 

[日時]2019年3月29日(金)18時30分

            3月30日(土)13時 / 17時

         3月31日(日)14時 (満席)

 

[料金]2,000円(完全予約制)予約は下記まで

     〔TEL〕06-6653-9339

     〔メール〕 kanpaikyou@gmail.com

 

[会場]Gallery&Bar ルンチェ・ルンバ 大阪市北区西天満4-2-13 ひろやビル2F

     〇 地下鉄「南森町」1番出口から徒歩8分

     〇 JR東西線「大阪天満宮」3番出口から徒歩10分

     〇 京阪「なにわ橋」1番出口から徒歩7分

    

 

 

 


2月の出演情報

新年も早や2月。おでんや鍋など芯からあたたまるものが欲しくなるこの時期に、五期会NEWSから、尾崎麿基・井之上淳が出演します舞台公演情報をお届けします。

関西を代表する老舗劇団・関西芸術座が企画された公演です。

 

舞台はニューヨーク21分署の刑事分隊室。そこは犯罪者・市民・刑事が複雑に行き交う場所。

非情なまでに犯罪を許さないジェームズ・マクラウド刑事は、捜査の過程で病院送りにした悪徳堕胎医師・シュナイダーから、思わぬ事実を聞かされる。

「罪を裁く」とは? マクラウド刑事の苦悩と葛藤を軸に展開される物語。

 

たまには翻訳劇も新鮮で見ごたえがあると思います。
お時間がございましたら、ぜひ、足をお運びください!

 

 

2018年度大阪劇団協議会プロデュース公演(企画/関西芸術座)

「探偵物語 -The Destective Story-

作:シドニー・キングスレー 訳:菅原卓

脚本:勇来佳加 演出:松本昇三

 

[日時]2019年2月8日(金)19時

          2月9日(土)13時 / 18時

          2月10日(日)13時

 

[会場]吹田文化会館メイシアター 中ホール 吹田市泉町2丁目29番1号

 

[料金]前売・当日共 3,500円  シニア(70歳以上)・学生・障がい者 3,000円

 

ご予約・詳細は関西芸術座 Web Siteをご覧ください。

 


1月の出演情報

新年あけましておめでとうございます。

2019年も五期会の新たな一歩を見守っていただければ幸いです。

さて、新年の五期会NEWS初記事は、内山絢貴が出演します舞台公演情報をお届けします。

既に知っている方もいらっしゃるかもしれませんが、五期会Official Website内の出演情報では昨年末より、今回の情報を含めた3月までの劇団員舞台出演情報を掲載しています。

 

今回、内山が出演するのは玉造小劇店の再演作品です。

「20世紀と『家』が主人公」というこの作品、

急な冷えに凍えた身体もほっこり内から温まることと思います。

お時間のある方はぜひ、足をお運びください。

 

 

玉造小劇店 Vol.24

「お正月」  作・演出/わかぎゑふ

 

[日時]2019年1月10日(木)19時

         1月11日(金)19時

         1月12日(土)14時 / 18時

         1月13日(日)14時

         1月14日(月)14時

 

[会場]ABCホール 大阪市福島区福島1丁目1-30

 

[料金]前売・当日共 5,000円 学生2,500円(※学生は玉造小劇店HP予約・当日券のみ取扱い)

 

 

東京公演もあるそうです。詳細は玉造小劇店WebSiteを参照ください。

 


10月の出演情報

このところ急に肌寒くなり、街行く人たちの装いが変わってきました。

第71回公演「Why are you Romeo? 〜あざなえる戀〜」の衣装も少しずつ決まり、様々なことが形として見えはじめています。

稽古場ブログも盛り上がっているところではありますが、今回は合間を縫って劇団員の舞台公演出演情報をお送りします。

 

10月の出演情報は清水康司が出演する舞台公演。

今年1月から毎月舞台公演をされているお笑いサタケ道場さんの作品です。

作者は古武術道場の家に生まれ、幼少期から、どうしたら人を殺せるのか・殺されるのかを叩き込まれたためか、毎回「命」と真正面から向き合った作品を様々な手法で描き続けています。

清水もこの企画に出演するのは今作品で3回目。

構想は10年以上前からあったそうで、ある意味、彼らの集大成となるのではないでしょうか。

 

 

Office SANDBOX プロデュース 月刊お笑いサタケ道場 第十弾

花ねずみ 作・演出:佐竹仁

 

[日時]2018年10月26日(金)19時30分

        10月27日(土)15時 / 19時30分

        10月28日(日)14時 / 18時

 

[会場]シアターOM 大阪市天王寺区清水谷町8-19メゾン・ドゥ・レーヴ101号

   (地下鉄「谷町六丁目駅」7番出口より徒歩8分)

 

[料金]大人2,500円 学生1,500円 高校生以下1,000円 (前売・当日 共通)

 

ご予約は下記リンクから、よろしくお願いします。

Quartet Online「花ねずみ」予約フォーム

 

(あらすじ)

 舞台は「人間」が「ねずみ」に変わっていく「ねずみ症候群」に悩まされ、完全な人間がいなくなった街。

 ある日、街の近くの山で一匹のねずみが目を覚ます。

 それはこの世界から絶滅したはずのドブネズミだった。

 彼は叫ぶ。

 「恋をした! 人間の女性に恋をした! 僕は恋をしたんだ!」

 そして街には一人の少女が現れる。

 その少女は「完全な人間」だった。

 

脚本がまだ出来ていないため、どうなるのかは本当に分かりません……。

ただ、恋物語だと思っておられる方は、大きく裏切られることとなるでしょう。

三つの時代を生き抜いた一人の女性の一生。

その精神世界の壮大な旅を、ジブリ風(?)にお届けします。

 

少しでも興味を持っていただけましたら、ぜひ、足をお運び下さい。

 


9月の出演情報

西日本では25年ぶりの規模と言われた今回の台風。

誰もが何かしらの被害に遭われたことと思います。

皆さまご無事でしょうか?

通り過ぎた現在は、皮肉にも様々なものが折れたり飛ばされたりで見晴らしも良くなり、空が明るく、爽やかな風が心地よく感じます。

そのような本日、お届けしますのは、井之上淳・堀部由加里が出演します舞台公演情報です。

 

劇団道化座企画公演

通天閣

原作/西加奈子 脚本・演出/おおやかずき

 

〔日時〕2018年9月6日(木)15:00/19:00

 

〔場所〕 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール 兵庫県西宮市高松町2-22

 

〔料金〕前売3,000円 当日3,500円

    学生前売1,500円 学生当日2,000円

    ペア券5,000円(前売のみ)

 

 

西加奈子さんによる織田作之助賞受賞作「通天閣」を原作とした作品。

大阪・新世界の街に生きる人たちが魅力的に描かれています。

1日間だけの公演となりますが観劇後は爽やかな気持ちになれる、そんな公演になるのでは、と思います。

お時間のある方はぜひ、足をお運び下さい。

 


8月の出演情報

異常な暑さが続いたり、逆走台風と呼ばれる前例のない台風が来たりと、今年は油断できない気候ですが皆さま、変わらずにお過ごしでしょうか?

五期会メンバーはそれぞれの場所で活躍しております。

 

と、いうわけで!

8月は3つの劇団員外部出演作品をご紹介させていただきます。

 

1つ目は勝村愛の外部出演情報です。

女優3名によるオムニバス。

様々な世界で生きる女性のお話。

女主人と仕えるメイド。魔女を生業とする女。悪に立ち向かう法執行官の女。

勝村はもちろん!?

 

女神の実験室・第二回公演

「この達、何者?」作・演出/小原みう

 

〔日時〕2018年8月9日(木)19:00

         10日(金)13:00/19:00

         11日(土)13:00/19:00

 

〔場所〕Gallery&Bar ルンチェルンバ 大阪市北区 西天満 4-2-13 ひろやビル 2F

 

〔料金〕前売 2,800円 当日 3,300円

    (1Drink付) 日時指定・要予約

 ご予約は下記リンクから、よろしくお願いします。

Quartet Online「この女達、何者?」予約フォーム

 

Gallery&Barという場所でどのような空間がつくられるのでしょう……。

ワンドリンク付のようですので、お時間のある方はふらっとお立ち寄り下さい。

 

2つ目は中原央人の外部出演情報です。

会場は何と中原自身6月にも出演した劇団未来のワークスタジオ。

チラシによると恋愛物語のようなので、お好きな方はぜひ!

 

劇団りゃんめんにゅーろん Vol.32

未明かばんをとじた作・演出/南出謙吾

 

〔日時〕2018年8月24日(金)19:30

         25日(土)11:30/15:30/19:30

         26日(日)11:30/15:30/19:00

 

〔場所〕劇団未来ワークスタジオ 大阪府大阪市城東区成育1-4-25

   (京阪「野江」徒歩3分、または、地下鉄「野江内代」1番出口より徒歩15分)

 

〔料金〕前売 2,500円

 ご予約は下記リンクから、よろしくお願いします。

Quartet Online「未明かばんをとじた」予約フォーム

 

 

3つ目は枯木隆志が外部出演しております移動公演「天満のとらやん」。

1回だけの公演となっておりますが、大人から子供まで楽しめる作品だと思いますので、お時間のある方はぜひ、足をお運び下さい。

 

子どもえんげき祭 in きしわだ 2018

「天満のとらやん」

作/かたおかしろう 演出/茂山千之丞

 

〔日時〕2018年8月26日(日)16:00〜17:30

 

〔場所〕岸和田市立浪切ホール 小ホール(1F) 大阪府岸和田市港緑町1−1

 

〔料金〕前売 1,000円 当日 1,500円

    チケット申込は浪切ホールHPにて

 

 


7月の出演情報

7月に入り、暑さもますます激しくなってきました。

この危険な暑さはどこまで続くのか……。

2018年、五期会NEWSの出演情報もまだ続きます。

今月は石野りく・北岡里都が出演する舞台公演情報をお届けします。

 

劇団第一主義 新生第肆回公演

「カーゴ・カルト」

作/岩橋貞典 演出・補綴/沢渡健太郎

 

〔日時〕2018年7月25日(水)19:30

         26日(木)19:30

         27日(金)19:30

         28日(土)14:00/19:00

         29日(日)14:00

 

〔場所〕 in→dependent theatre 1st 大阪府大阪市浪速区日本橋5丁目12-4 インディペンデントシアター1st

      ●大阪市営地下鉄・堺筋線 恵美須町駅 1B西出口 左手(南)1分

 

〔料金〕前売・当日共2,500円

 

 

題名から察するに、カルト教団に集う人々のお話のようです。

皆、拠り所なく何を信じ何を求めて集うのか……

興味深い題材です。

 

お時間のある方はぜひ、足をお運び下さい。

 


6月の出演情報

6月、といえば梅雨……。

肌がヒリヒリするほど暑かったり、ヒンヤリしたりと何ともいえない気候に悩まされます。

2018年も約半分経ちましたが、全体的に安定しない気候が続いています。

続くと言えば、

今回の記事も劇団員外部舞台出演情報です。

しばらく五期会NEWSは出演情報が続くと思われます。

今月は2本!

まずは先月に引き続き清水康司が出演する舞台公演。

 

Office SANDBOX プロデュース 月刊お笑いサタケ道場 第六弾

「ソウルメイト 作・演出:佐竹仁

 

[日時]2018年6月22日(金)19時30分

        6月23日(土)15時 / 19時30分

        6月24日(日)14時 / 18時

 

[会場]シアターOM 大阪市天王寺区清水谷町8-19メゾン・ドゥ・レーヴ101号

   (地下鉄「谷町六丁目駅」7番出口より徒歩8分)

 

[料金]大人2,500円 学生1,500円 高校生以下1,000円 (前売・当日 共通)

 

ご予約は下記リンクから、よろしくお願いします。

Quartet Online「ソウルメイト」予約フォーム

 

(あらすじ)

 舞台は、とある国のヴェルトバーデンという町に駐在する空軍部隊。

 中心となるのは、少年兵カール、エドガー、ハンス、先輩パイロットのフォルカー、指導教官のラインハルト。

 敵国に隣接するこの町では日々、戦闘が続いていた。

 そこに一人の軍医・ヴォルフガングがやってくる。

 彼との出会いによって、戦争とは何か、戦うとはどういうことか を考え始める少年兵たち。

 戦況が悪化していく中、彼らは何を思い戦っていくのか……。

 

 

続いてお届けするのは中原央人が出演する公演情報です。

 

劇団未来 第134回公演

「斜交〜昭和40年のクロスロード〜作:古川健 演出:しまよしみち

 

[日時]2018年6月29日(金)15時 / 19時30分

        6月30日(土)11時 / 15時

        7月 1日(日)11時 / 15時

        7月 6日(金)15時 / 19時30分

        7月 7日(土)11時 / 15時 / 19時

        7月 8日(日)11時 / 15時

 

[会場]劇団未来ワークスタジオ 大阪市城東区成育1-4-25

   (京阪「野江」徒歩3分、または、地下鉄「野江内代」1番出口より徒歩15分)

 

[料金]一般3,000円 70歳以上・大学生2,500円 中高生以下2,000円 (当日入場券は500円増し)

 

(あらすじ)

 —1965年(昭和40年)6月23日
 東京拘置所取調室へ男が足を引きずりながらゆっくりと入って行った。
 男の名は木原守。戦後最大の誘拐事件と言われた「吉行ちゃん誘拐事件」の容疑者である。
 事件が起こった1963年から木原への取り調べは2回行われたが証拠不十分でシロと判断されていた。
 限りなくクロに近い木原の決定的証拠を掴めずにいた警視庁は、もう一度事件を洗い直すべく三塚九兵衛を新たに任命。3回目となる木原への取り調べを開始する。
 しかし度重なる取り調べは新聞に「人権侵害」と煽られ、世論がそれに傾いていくなか警察は窮地に立たされる。
 取り調べ期間は僅か10日間。三塚九兵衛は木原守を落とせるのか—。

 

劇団チョコレートケーキの作家・古川健さんの作品は、大阪劇団協議会加盟団体でもよく上演されているのを目にしますが、

どれも、実際の事件や歴史、実在の人物を題材にした、とても巧みにつくられた作品です。

 

お時間ありましたら、ぜひ!劇場に足をお運び下さい!

 


5月の出演情報

先日、研究所の新加入メンバーをご紹介したばかりですが、今月2つ目の五期会NEWSをお届けします。

今回は、清水康司が出演する舞台公演情報です。

初めての当て書き脚本……新しいトビラを開けられるのか!?

 

Office SANDBOX プロデュース 月刊お笑いサタケ道場 第五弾

「エスパーまげた〜とある八百屋の悲劇〜」 作・演出:佐竹仁

 

[日時]2018年5月26日(土)15時 / 19時30分

        5月27日(日)14時 / 18時 (※27日はゲスト出演あり)

 

[会場]シアターOM 大阪市天王寺区清水谷町8-19メゾン・ドゥ・レーヴ101号

   (地下鉄「谷町六丁目駅」7番出口より徒歩8分)

 

[料金]大人2,500円 学生1,500円 高校生以下1,000円 (前売・当日 共通)

 

(あらすじ)

 舞台は、とある廃れた商店街にある潰れかけの八百屋。

 店主の曲田真直(まげたまさなお)と妊娠6ヶ月の妻・里葎子(りつこ)が2人で切り盛りしている。

 穏やかな生活を送っていた夫婦であったが、ある日突然、曲田がスプーン曲げの力を手に入れてしまう。

 その能力をネタに、商店街のため、起死回生の一手を打とうと人々は盛り上がるが、曲田は突然、スプーン曲げの力を失う。
 嘘が嘘を呼び、罪悪感とは裏腹に繁盛する八百屋。
 歯車が少しずつ狂い出した時、まげたの力の秘密が明らかになる……。

 

「人生は近くで見ると悲劇だが、遠くから見れば喜劇だ」と、かのチャップリンも言っています。

とある八百屋にふりかかる悲劇をお楽しみいただければと思います。

 

ご予約は下記リンクから、よろしくお願いします。

Quartet Online「エスパーまげた」予約フォーム

 

お時間がございましたら、ぜひ、足をお運び下さい!

 


3月の出演情報

久しぶりのブログ更新です。

「五期会NEWS」発信の記事としては新年初更新となりますが、皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

あの冷え込んだ日々が嘘のように暖かくなったここ数日……落差がありすぎて暑いくらいです。

と、共に、花粉の影響も受けはじめ、春の訪れを感じています。

 

この度お届けする情報は3月の劇団員外部舞台出演情報です。

なんと! 今週より上演されます大阪劇団協議会45周年記念合同公演に、

森畑結美子・井之上淳・勝村愛・内山絢貴・辰己飛揚・植村美咲・中原央人・石野りく・北岡里都・枯木隆志

が出演します。

全キャストの3分の1が五期会メンバーという驚きの編成です。

各劇団から集まった大ベテランの方々と多くの若手が紡ぐ活気あふれる公演をご期待下さい!

 

大阪劇団協議会45周年記念合同公演

「築地にひびく銅鑼」

原作:藤本恵子(築地にひびく銅鑼 - 小説 丸山定夫)

脚本:宮地仙 演出:キタモトマサヤ

 

[日時]2018年3月8日(木)19時

         3月9日(金)14時 / 19時

         3月10日(土)12時 / 17時

         3月11日(日)13時

 

[会場]ABCホール 大阪市福島区福島1丁目1-30

 

[料金]前売3,500円 当日4,000円 学生2,000円

 

 

大正・昭和時代に生きた築地小劇場の名優・丸山定夫を中心に「新劇」と呼ばれた日本の近代劇の歩みを振り返る。

「築地にひびく銅鑼 - 小説 丸山定夫」(藤本恵子著)を元につくられた新作。

 

分野を問わず、何かを変革していこうとした人たちのエネルギーは、結果はどうであれ、今、何かをなそうと足掻く者に勇気を与える気がします。

環境、気候の急変や花粉でスッキリしない気持ちを吹き飛ばすべく、

ぜひぜひ、劇場へ足をお運び下さい!!

 


| 1/12PAGES | >>