calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

categories

archives

『鷗外の怪談』

2015年度、2度目となる劇団本公演のお知らせです。
予約受付開始しております!!
是非、お越しくださいませ。

第69回公演
『鷗外の怪談』
作/永井愛
演出/尾崎麿基


日時:2015年
   12月16日(水)18:30 A
      17日(木)18:30 B
      18日(金)13:30 A / 18:30 B
        19日(土)15:00 A
        20日(日)13:30 B

  ※日によって配役が異なります。詳細、下記CAST表をご確認くださいませ。 (16日,18日13:30,19日A 17日,18日18:30,20日 B)

料金:前売り3,000円 当日3,500円 日時指定(要予約)/全席自由

場所:A&Hホール 豊中市新千里東町1−5−3千里阪急ビル4F

   ▼地下鉄御堂筋線「千里中央」駅下車
    南出口を出て2F連絡通路よりモノレール方面へ
   ▼大阪モノレール「千里中央」駅下車すぐ


ご予約・お問い合わせ:劇団五期会
   Tel&Fax 06-6458-6934
         E-mail      gokikai6458@yahoo.co.jp

CAST
 森林太郎   井之上淳
 しげ     上嶋彩記子 / 小川悦子
 峰      林和子 / 森畑結美子
 平出修    清水康司 / 阪東浩考
 永井荷風   宇仁菅真
 賀古鶴所   牛丸裕司
 スエ     堀部由加里

あらすじ
 明治43年10月。
 森林太郎(鴎外)の居宅「観潮楼」では、今日も妻・しげと姑・峰の諍いが絶えない。
 世間では自由な言論が統制され、「大逆事件」により幸徳秋水をはじめ、社会主義者、無政府主義者とされた人々が次々と逮捕されている。
 林太郎は、「大逆事件」の弁護団の一員である平出との交流と
 それに相反する時の権力者山縣有朋との関係により、二つの立場に苦悩する。
 言論・思想の自由を尊重する小説家でありながら、一方では政府高官・陸軍軍医総監。
 また嫁姑の間では「よき夫」「よき息子」である林太郎が、もっとも危ういバランスを保って生活した5ヶ月の物語・・・

師走の忙しい時期、さらにさらに、クリスマス直前の時期ですが、今年の〆にぜひぜひ五期会の舞台公演をご覧ください!


スポンサーサイト

  • 2019.11.28 Thursday
  • -
  • 09:20
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック